キャリア決済枠現金化が疑われる人の特徴とは?

スマホのセキュリティ

キャリア決済枠現金化は違法ではありませんが、法的にはグレーなサービスです。

実はキャリア決済枠現金化は、キャリア会社の利用規約に反すると明記されてる行為です。

そのためキャリア会社にキャリア決済枠現金化がバレてしまうと、ペナルティを課せられてしまう恐れがあります。

そこで本記事では、キャリア決済枠現金化をキャリア会社に疑われた場合の対処法や、現金化がバレやすい人の特徴などを詳しくご紹介します。

また安全にキャリア決済枠現金化を行いたい方のために、キャリア会社にバレずにキャリア決済枠現金化を行う方法も解説していきます。

キャリア決済枠現金化がキャリア会社に疑われる人の特徴とは?

お金を解説

キャリア決済を現金化行う前には、どのような特徴がある人が現金化行為を疑われてしまうのか、バレやすいのかを知っておきましょう。

キャリア決済枠現金化が疑われる人の特徴は以下の通りです。

  • 債務超過
  • 換金性の高い商品を大量に購入
  • 債務整理などを経験

順番に詳しく解説していきましょう。

①債務超過

クレジットカードのキャッシングやカードローン等を多く利用し、総量規制ギリギリまで借り入れを行っている方を債務超過といいます。

債務超過に陥ってしまっている方は、当然ながらそれ以上借金をすることができません。

そのため金融ブラックでも利用できる、信用情報の審査がないとされるキャリア決済は現金化に手を出す可能性が高いとみなされています。

従ってローンサービスを利用し、総量規制ギリギリまで借り入れ行っている方が現金化行為を行うのは危険であるといえます。

キャリア決済枠で換金性が高い商品を購入すると、すぐに現金化がばれてしまっかのせが高いためご注意ください。

②換金性の高い商品を大量に購入

キャリア決済現金化の基本は、商品の転売です。

換金性の高い商品を自分で購入し、買取専門店やメルカリなどで転売をすれば簡単にお金を手にすることができます。

ブランド品や新幹線回数券など換金性の高い商品は自分自身でキャリア決済枠現金化行う際にしばしば用いられる商品です。

そのためこれらの換金性が高い商品を、キャリア決済枠で大量に購入していると現金化行為を疑ってしまいます。

キャリア決済枠現金化のためにブランド品などを大量に購入するのは控えましょう。

③債務整理などを経験

クレジットカードの支払いを滞納してしまったり、自己破産や特定調停などの債務整理を過去に行った経験がある方は、信用情報に傷がついている状態であり、支払い能力に乏しいとみなされています。

また債務整理を経験している方は、いわゆる金融ブラックと言う状態であり正規の金融機関から借り入れを行うことができません。

そのため信用情報の審査がないキャリア決済薬現金化に手を出す可能性が高いとみなされます。

金融事故を起こしてしまっている方は、キャリア決済枠現金化をする際には注意した方がいいでしょう。

キャリア会社にキャリア決済枠現金化が疑われた時の対処法とは?

クエスチョン

続いてキャリア会社にキャリア決済枠現金化が疑われてしまった、バレそうになってしまった時の対処法を解説して参ります。

①キャリア決済枠現金化目的である事を口にしない

まずキャリア会社が現金化行為を疑う人に目をつけた場合、確認の電話をかけることが通例です。

現金化目的の商品購入ではないか、どのような意図で商品を購入したのかを利用者に直接問いただします。

例えば以下のような電話です。

「〇〇月〇〇日にキャリア決済枠利用をされていますが、どのような目的で商品を購入したのですか?」

当然のことですが、現金化目的の商品購入であった事は絶対に口にしてはいけません。

キャリア会社は利用者が購入した商品の内容を把握することができますが、購入した商品をどうしたのかと言う事まで知ることはできません。

そのため利用者がきっぱりと、現金化目的の商品購入ではないと突っぱねればそれ以上追求することができないのです。

現金化の疑いの電話がかかってきてしまったとしても、慌てることなくきっぱりと断言するようにしてください。

②レシートや領収書を残しておく

キャリア決済幕現金化では、購入した商品をすぐに転売しお金を手にします。

しかしながらその場合、購入した商品がすぐに自分の手元からなくなってしまうため、キャリア会社に怪しまれてしまう原因になってしまいます。

そこで購入した商品のレシートや画像等は捨てずに用意しておくことをおすすめします。

キャリア会社によっては、現金化に違いがある人に対して商品の製品情報について色々と問いただしてくることも考えられます。

それらの質問によどみなく返答できるよう、商品情報は手元に用意しておくようにしてください。

③商品を購入した理由を考えておく

キャリア会社が現金化の違いがあることに対して行う電話では、必ずと言っていいほど商品を購入した理由について詳しく聞かれます。

商品を購入した理由をきちんと答えられなかったり、あやふやな回答をしてしまうと現金化の疑いを強められてしまいます。

そこでキャリア会社から電話がかかってくる前に、商品を購入した理由を必ず用意しておくようにしましょう。

当然ですが、購入した商品は既に自分の手元にはないため、誰かにあげたプレゼントにしたと答えるのが無難であるといえます。

Amazonギフト券やiTunesカード等であれば、友人へのご祝儀、パーティーでの景品に購入したと答えるようにしましょう。

ブランド品であれば、家族や親戚へのプレゼントと答えれば自然な回答です。

カード会社に疑われるためにも、ご自身の状況に応じて尤もらしい回答を用意するようにしてください。

キャリア決済枠現金化をバレずに行う方法を解説

キャリア決済現金化を行う際には、そもそもの問題としてキャリア会社に現金化行為がばれるようなことがあってはいけません

安全に現金化を行うのであれば、キャリア会社に怪しまれることなくお金を気にするのが1番です。

そこで続いて、キャリア決済現金化をキャリア会社にバレずに怪しまれずに行う方法をご紹介します。

①ショッピング枠を残しておく

キャリア決済現金化と並んで、金融ブラックの方や借り入れができない方に人気のサービスとして、クレジットカード現金化が挙げられます。

クレジットカード現金化は、カードのキャッシング枠ではなくショッピング枠を用いて現金化を行います。

当然ながらクレジットカードには上限があり、カードを現金化しても手にできる金額には限りがあります。

そこでクレジットカード現金化の次に利用者が手を出す金策として、キャリア決済は現金化が挙げられるでしょう。

つまりクレジットカードのショッピング枠ギリギリまで利用している方は、今度はキャリア決済枠現金化に手を出す可能性が高いと言えるのです。

クレジットカード現金化もキャリア決済現金化も、基本的な手数料は同じです。

手数料が同じであれば、キャリア会社に目をつけられることがないようにクレジットカード現金化よりもキャリア決済現金化の方を優先的に利用することをお勧めします。

ショッピング枠を利用しなければ、クレジットカード現金化が怪しまれる事はありません。

クレジットカードもスマートフォンも、どちらも現代の生活には欠かせないアイテムですが、どちらかを選ぶのであればスマートフォンの方がより重要なアイテムです。

万が一、どちらかが強制停止になるリスクを考えるのであれば、キャリア決済枠現金化の方がお勧めです。

またクレジットカード現金化よりもキャリア決済は現金化の方が、現金化金額が小さく返済が困難になりにくいと言う側面もあります。

②換金率の高い商品を大量に購入しない

自分自身で行う現金化の方法として、換金性が高い商品を購入しネットや買取専門店なので転売する、と言う方法は先ほどもご紹介した通りです。

そこで、キャリア検索現金化が疑われないようにするためにも、Amazonギフト券やブランド品など換金性が高い商品を大量に購入することはお勧めできません。

安全に現金化を行うのであれば、Amazonギフト券に頼った現金化は控えるようにしましょう。

③スマホ携帯の支払いは滞納しない

キャリア決済現金化を行うのであれば、当然のことながら携帯代金の支払いは必ず滞りないようにしましょう。

スマホ料金の支払いを滞納してしまうと、現金化に手を出す可能性が高いとみなされてしまいます。

スマホ代金の支払いが厳しいと感じたら、素直に分割払いを申し出ることも1つの手段です。

自分自身で経済状況や支払い計画を申し出れば、キャリア会社からの心証も良くなります。

キャリア会社からの疑いの目も背けさせることができますので、お勧めの方法です。

④キャリア決済枠現金化業者を利用する

自分でキャリア決済を現金化行うには、どうしても換金率が高い商品を購入する必要があります。

しかしながら換金率が高い商品を購入してしまうと、キャリア会社に現金化が疑われてしまう事は先ほども解説した通りです。

そこでオススメなのが、自分自身で現金化を行うのではなく専門のキャリア決済現金化業者をご利用することです。

専門の現金化業者であれば、換金性が高い商品を購入する必要はなく、自社商品を購入するため、キャリア会社に現金化がばれる心配はありません。

まとめ

on-line

キャリア決済枠現金化は法的にはグレーな行為ですが、消して違法行為ではありません。

とは言え、キャリア決済枠は現金化目的の使用を禁じており、現金化行為はキャリア会社の利用規約に反すると言う事は重々承知しておかなければいけません。

ただ現実的には、キャリア決済を現金化に頼らざるを得ないと言うシーンも多々存在します

そこでキャリア決済現金化を行う前には、

  • キャッシングを頻繁に利用している
  • 換金率の高い商品ばかり購入している
  • 金融事故を起こしてしまっている

といったキャリア決済現金化が疑われる人の特徴に当てはまっていないかどうかを確認するようにしてください。

仮にキャリア会社に疑われてしまい、現金化目的の商品購入ではないかを問いただす電話がかかってきたとしても、決して慌ててはいけません。

怪しまれないように、事前に商品を購入した理由などを用意しておくようにしてください。

多少手数料はかかってしまいますが、キャリア会社に一切怪しまれることなく安全にお金を手にしたいと言う方は専門の現金化業者のご利用がお勧めです。