キャリア決済枠現金化の注意点・リスク・違法性を徹底解説!

キャリア決済枠の注意点

キャリア決済現金化は、スマートフォンさえあれば金融ブラックの方や何らかの事情で借金ができないと言う方、フリーターや専業主婦の方でもお金を手にすることができるサービスです。

キャリア決済現金化をご利用の際には、メリットだけでなくデメリットや注意点を理解してからお申し込みをする必要があります。

特に、キャリア決済枠現金化をご利用の際には

・手数料が高い
・悪徳業者が多い
・ギフト券が購入できない可能性がある
・詐欺罪や横領罪に問われる
・現金化が金額が低い
・返済は一括返済のみ

といったデメリットや注意点があることにご注意ください。

キャリア決済現金化は、決して違法な行為ではありませんがキャリア会社は現金化行為を認めていません。

仮にキャリア決済現金化がキャリア会社にばれてしまうと、強制退会やスマホの利用停止といったペナルティー処分が重なってしまいます。

最悪の場合はブラックリストに追加されてしまい、住宅ローンや学資ローン、カードローンといった他の金融サービスにも影響が及んでしまいます。

スマートフォンが使えなくなってしまったり、クレジットカードが使えなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

そこで本記事では、キャリア決済現金化をご利用する前に知っておくべき注意点やデメリット、そして違法性について詳しく解説をしていきます。

キャリア決済枠現金化で注意すべきリスクや違法性

チェック

キャリア決済枠現金化は金融ブラックでお金が借りられないと言う形やクレジットカードを持っていない、もしくは作れないと言う人でもスマホさえあれば簡単にお金を手にすることができます。

しかしながら現金化を利用する際には、知っておくべき注意点やリスク、そして違法性があります。

続いて詳しく活動していきましょう。

①スマホが強制的に利用停止になる可能性がある

現金化は違法ではありません。

仮に携帯会社に現金化行為がばれてしまっても、法的な罪に問われる心配は皆無です。

しかしながら現金化は、本来の利用目的とは異なる行為です。

加えてキャリア会社の利用規約上では、キャリア決済枠現金化行為を禁止しています。

もしも携帯会社にキャリア決済枠現金化行為がばれてしまうと、決済機能の利用制限だけでなく携帯電話自体を利用停止されてしまう恐れもあります。

また携帯会社は割賦販売を行っていますので、個人の信用情報にアクセスすることができます。

現金化行為を行っていると、個人の信用情報に記録される恐れがあり、通常の借り入れやクレジットカード審査において不利に働くと予想されます。
個人の信用情報に記録される恐れがあり、通常の借り入れやクレジットカード審査において不利に働くと予想されます。

現代においてスマホが使えない、と言うのは不便なだけでなく仕事や人間関係においても大きな支障をきたすものです。

くれぐれもスマホが利用停止になると言う危険性を理解しておくようにしましょう。

②キャリア決済枠現金化金額が低い

クレジットカードでは、ショッピング枠が最も低くても100,000円前後の枠が設けられています。

しかしながら携帯キャリア決済枠の場合、ショッピング枠は30,000円から50,000円程度にしか設定されていません。

つまりは、現金化行ったとしても最大で手に手元に残る金額は数万円程度と言うことです。

クレジットカードに比べると、現金化した際に、できる金額は少ないといえます。

また現金化の際には手数料がかかりますので、現金化したショッピング枠分のすべての金額を手にできるわけではありません。

換金率が低い、手数料が高い悪徳業者を利用してしまうとマックスで現金化行ったとしても10,000円程度しか残らなかったと言うことも考えられます。

より多くのお金が必要、と言う人はくれぐれもご注意ください。

③返済は一括返済のみ

クレジットカードでは、返済方法は利用者の経済状況によって自由に選ぶことができます。

利用大金をいちどに支払う1割返済や、複数回に分けて支払う分割返済、ボーナス払いやスキップ払いと言う方法もあります。

一方で携帯キャリア学の場合、支払い方法は利用金額にかかわらず一括返済のみです。

そのため高額な現金化行ってしまうと、翌月や翌々月の支払いに窮してしまう可能性があります。

クレジットカードに比べると返済方法の柔軟性がありませんので、支払いの際にはご注意ください。

特に返済のあてがないのに現金化行うことや、他の支払いが立て込んでいる場合に携帯キャリア多く現金化をご利用する事はお勧めできません。

④手数料が高い

キャリア決済枠現金化は借り入れではありません。

そのためご利用の際に金利手数料や利息分を支払う必要はないと言うメリットがあります。

しかしながら現金化御用の際には、手数料がかかると言う点に注意しなければいけません。

現金化の手数料の相場は20%から40%程度です。

この手数料は1ヵ月あたりにかかる利率です。

したがって手数料を金利手数料に換算した場合、現金化の手数料は240%から480%にも上ります。

さらに支払い期日までの時間が短ければ短いほど、手数料は高くなってしまいます。

支払い期日まで2週間前だった場合は、さらに手数料が2倍になり、年に換算で一生% 1000%もの高金利になってしまうことも考えられます。

現金化の手数料は240%から480%にも上ります。

さらに支払い期日までの時間が短ければ短いほど、手数料は高くなってしまいます。

支払い期日まで2週間前だった場合は、さらに手数料が2倍になり、年に換算で一生% 1000%もの高金利になってしまうことも考えられます。

同種サービスの給料ファクタリングにおいては、1000%を超える違法な高金利で貸付を行っていたとして社会問題になりました。

当然ながら手数料が高いと、支払いができなくなってしまう可能性も高くなってしまいます。

もしも支払いに遅れてしまうと、上述の通り、

・スマホが強制停止になる
・ブラックリストに追加されてしまう
・クレジットカードが作れなくなってしまう

といった弊害があります。

⑤携帯キャリア枠で購入できない商品が増えている

クレジットカード現金化や携帯キャリアワーク決済現金化でよく使われる換金率が高い商品と言えば、ギフト券です。

しかしながらAmazonギフト券やiTunesカード等は現金化行為にしばしば用いられるとして、携帯キャリア決済枠で購入ができない場合があります。

その他にも、高額な家電製品やゲーム機などはそもそも携帯キャリア決済枠で購入ができません。

現金化を行おうと思っても、換金率が高い商品が購入できないと、ただただ損をしてしまいます。

現金化行う際には、購入できる換金率が高い商品はあるかどうかを必ず確認するようにしてください。

⑥悪徳業者が多い

携帯キャリア決済額の現金化を専門的に行ってくれる現金化業者というのも存在します。

現金化業者を利用すれば、自分で商品を用意する必要はありませんし、換金の手間が省けスピーディーにお金を手にすることができます。

しかしながら現金化業者の中には利用者から不当に利益を貪る悪徳業者も存在します。

もしも悪徳業者を利用してしまうと、

・相場よりも高い手数料を取られる
・携帯電話を悪用される
・個人情報流出される

といった被害を被ってしまう可能性があります。

過去には現金化業者に申し込んだ方が、知らない間にスマホを使った詐欺行為に加担してしまったと言う事例も存在します。

現金化業者をご利用の際には、くれぐれも業者の信頼性安全性に注意するようにしてください。

⑦詐欺罪に該当する恐れがある

スマホ決済キャリア枠は、そもそも現金化目的に設けられているものではありません。

にもかかわらず現金化を目的として、商品を購入すると言う事は決済携帯会社を欺いているとみなされる恐れがあります。

したがって現金化目的で商品を購入すると、詐欺罪に問われる可能性がありますのでご注意ください。

これまでに現金化行った方で詐欺罪に問われたと言う事例はありませんが、可能性はゼロではありません。

見せしめのために強行的に起訴される可能性も否定はできませんので注意してください。

⑧横領罪に問われる可能性がある

クレジットカード現金化においても言えることですが、スマホ決済キャリア枠現金化の場合でも、利用者が横領罪に問われる可能性があります。

実はスマホ決済で購入した商品は、携帯会社に利用料金を支払うまでは携帯会社に所有権があると規定されています。

にもかかわらず購入した商品を許可なく不当に転売してしまうと、他人の所有物を勝手に販売者として横領罪に問われてしまうのです。

こちらも、詐欺罪同様に利用者が本当に横領罪に問われたと言う事例は一件もありません。

とは言え、現金化をご利用の際にはくれぐれも理解しておくべき事柄です。

まとめ

リスク

キャリア決済現金化は、スマートフォンさえあれば金融ブラックの方や何らかの事情で借金ができないと言う方、フリーターや専業主婦の方でもお金を手にすることができるサービスです。

キャリア決済現金化をご利用の際には、メリットだけでなくデメリットや注意点を理解してからお申し込みをする必要があります。

特に、キャリア決済枠現金化をご利用の際には

・手数料が高い
・悪徳業者が多い
・ギフト券が購入できない可能性がある
・詐欺罪や横領罪に問われる
・現金化が金額が低い
・返済は一括返済のみ

といったデメリットや注意点があることにご注意ください。

キャリア決済現金化は、決して違法な行為ではありませんがキャリア会社は現金化行為を認めていません。

仮にキャリア決済現金化がキャリア会社にばれてしまうと、強制退会やスマホの利用停止といったペナルティー処分が重なってしまいます。

最悪の場合はブラックリストに追加されてしまい、住宅ローンや学資ローン、カードローンといった他の金融サービスにも影響が及んでしまいます。

スマートフォンが使えなくなってしまったり、クレジットカードが使えなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

どんなサービスにも共通で言えることですが、ご利用前にはメリットとデメリットを比較し、自分に適した方法を選ぶようにしましょう。