キャリア決済枠現金化は少額利用しか不可能?

住宅ローン

キャリア決済現金化は、クレジットカードが持てない方や借金ができないと言う人でもスマートフォンで買い物するだけでお金を手にすることができるサービスです。

しなしながらキャリア決済現金化には注意すべき点として、小額の利用しか不可能と言う点が挙げられます。

本記事ではキャリア決済枠現金化を考慮する際に知っておくべき、現金化金額について詳しく解説をしていきます。

キャリア決済枠現金化は少額現金化しか不可能?

キャリア決済現金化の類似サービスとして挙げられるクレジットカード現金化では、ショッピング枠が大きいため、数万円から100,000円前後のとても高額なお金を手にすることができます。

またクレジットカードは1枚だけでなく複数枚持つことができるため、複数枚のカードでショッピング枠を現金化すれば総額数十10,000円ものお金を気にすることも可能です。

このようにクレジットカード現金化は、高額のお金を手にすることもできるサービスで、また総量規制の影響受けないと言う理由からも小口のお金が必要と言う形に愛用されています。

しかしながら一方のキャリア決済現金化は、クレジットカード現金化ほど大口のお金を手にすることができません。

その理由は、キャリア決済額の利用限度額にあります。

キャリア決済枠の利用限度額は、キャリア会社によって異なりますが一般的には数万円程度です。

したがってキャリア決済額を現金化したとしても、手に入るお金は数万円程度と言うことになります。

また現金化の際には業者に支払う手数料だけでなく配送手数料や鋳込み手数料もかかるため、実際に手元に残る金額はもっと低くなります。

加えてスマートフォンはクレジットカードとは異なり、1人で何台も持つものではありません。

クレジットカードに比べるとスマートフォンは大口の買い物ができるものでは無い為、現金化しても小額のお金しか手に入らないと言うデメリットがあるのです。

「家賃の支払いで小口のお金が必要」

「クレジットカードを一括返済するために、数万円のお金が必要」

などといった大口のお金が必要と言うケースにおいて、キャリア決済を現金化は多くの制限がある金融サービスであるといえます。

そのため小口のお金が必要と言う形は、キャリア決済現金化以外の金策をお考えになることをお勧めします。

とは言え、少額の現金価値ができないと言う事はデメリットだけではありません。

続いてキャリア決済現金化のメリットについて考えてみましょう。

少額のキャリア決済枠現金化を行うメリットとは?

家計を管理する

続いて、少額のキャリア決済枠現金化を行うメリットは何かを考えてみましょう。

具体的には、以下の3点が挙げられます。

・キャリア会社に現金化がバレない
・返済が楽
・リスクヘッジになる

それでは順番に詳しく解説して参ります。

①キャリア決済会社に現金化がバレない

キャリア決済枠現金化は、違法な行為ではありませんが給料ファクタリングやクレジットカード現金化同様に法的にはグレーな金融サービスです。

事実、キャリア会社は会員規約上でキャリア決済額の現金が目的の使用を禁止しています。

仮にキャリア会社に現金が声が枯れてしまうと、多くのペナルティーを課せられてしまう恐れがあります。

ペナルティーの一例としては

・スマートフォンの利用停止
・金融ブラックリスト入り
・残高の一括返済
・強制退会

といったことが考えられます。

そのためキャリア決済枠現金化を行う際には、キャリアド会社にバレずに行う必要があります。

しながら大口の現金化が可能なクレジットカード現金化では、高額決済がカード会社に怪しまれてしまい、現金化がばれてしまうと言う事例が報告されています。

「急に高額なクレジットカードの利用をするなんて怪しい、クレジットカード現金化をしたのかも」

と言うようにカード会社に疑われてしまうのです。

一方で、数千円〜1万円・2万円といった少額の現金化しかできないキャリア決済額現金化であれば、小額の金額ですのでキャリア会社に怪しまれることがありません。

また金額も小額ですので、仮にキャリア会社に疑われることがあってもリターンが少ないと思われ、そのまま見過ごされることも期待できます。

「安全に安心して現金化を行いたい」

とお考えの方には、少額しか手に現金化できないキャリア決済枠現金化がお勧めです。

②返済が楽

大口の現金ができるクレジットカード現金化の場合、小口のお金を手にできる一方で返済の金額も大きくなってしまうため、返済ができなくなってしまうと言う事態に発展しないことが多々考えられます。

クレジットカードの支払いができなかったけど、カードが強制退会になってしまったけどなく最悪の場合は次のブロックにも登録されてしまいます。

これはクレジットカードだけでなくキャリア決済においても同様です。

仮にキャリア決済額で買い物をした金額の返済ができないと、スマートフォンが利用できなくなってしまうことも考えられるため注意しなければいけません。

一方で、キャリア決済現金化の場合、小額のお金しか手にできないと言う制限がありますが、そのかわり返済がとても楽と言うメリットもあります。

現金化金額が小さいため、キャリア会社に支払う金額も低くなり支払いに窮してしまう可能性が低いと言うことです。

小額でもお金が必要、と言う方にはキャリア決済現金化のご利用がお勧めです。

③リスクヘッジになる

キャリア決済現金化を専門に行う専門に行う業者の中には、詐欺業者やヤミ金といった悪徳業者が多く存在しています。

そのような業者を利用してしまうと、現金化金額を全額だまし取られるだけでなくスマートフォンを詐欺に利用されたり個人情報が悪用されるといったことも考えられます。

そのためキャリア決済は現金化のご利用の際には利用する現金化業者について注意深く選び抜かなければいけません。

一方で、キャリア決済現金化で失敗したとしてしまっても、失う金額はたかだか10,000円から20,000円程度です。

高額の現金化ができるクレジットカード現金化に比べて、キャリア決済の現金化は金額がとても小さいですが、その分リスクも抑えることができます。

特に初めてキャリア決済現金化を利用すると言う人でも、小額から利用できるキャリア決済現金化は利用難易度が低いと言えるでしょう。

少額しか利用できないキャリア決済枠現金化のデメリットとは?

給料明細

続いて少額しか利用できないキャリア決済枠現金化を行うことのデメリットとは何かを見ていきましょう。

具体的には、以下の点がデメリットとしてありますので、注意しなければいけません。

・手数料が高くなる
・手にできる金額が少ない
・審査落ちの可能性が高い

順番に詳しく見ていきましょう。

①手数料が高くなる

キャリア決済現金化をご利用の際には、手数料がかかります。

現金化業者の手数料は、給料ファクタリングやクレジットカード現金化と同様に現金化金額に反比例します。

つまりキャリア決済枠現金化をする金額が高くなれば、なるほど手数料は低くなりますし、反対にキャリア決済枠現金化をする金額が低くなればなるほど、手数料は高くなってしまいます。

理由としては、現金化業者からすれば手数料を低くしても現金化金額が高くなれば手数料の金額自体は高くなるからです。

小額のご利用しかできないキャリア決済現金化の場合、当然ながら手数料が高くなってしまいます。

もともと小額の金額しか手元に残らないキャリア決済枠現金化ですが、さらに手数料分を考えるとより金額は低くなってしまいます。

くれぐれもご注意ください。

②手にできる金額が少ない

すでに繰り返し述べた通り、キャリア決済現金化は手元に残る金額が少ないと言うデメリットがあります。

特に商品の配送料や振込手数料を利用者負担としている現金化業者の場合、数千円単位の現金化ですと、手にできる金額は極端に少なくなってしまいます。

そのため

「通常よりも小口のお金が必要」

と言う方にはキャリア決済現金化のご利用はおすすめできません。

また現金化金額が期待よりも少なかった、と言う事態に陥ってしまうことも予想されます。

キャリア決済現金化をご利用の際には、自分に必要な金額の寡多を見極めてからお申し込みする必要があるでしょう。

③審査落ちの可能性が高い

当然ですが、現金(業者にとっては高額な現金化行ってくれる業者ほど優良なお客であると言えます。

そのため小額しかないキャリア会社のスマートフォンをお持ちの場合、審査落ちになってしまうこともあるためご注意ください。

携帯大手キャリア3社のスマートフォンをお持ちの方であれば問題はありませんが、ご加入されているプランによってはキャリア決済額が設けられていないことや決済金額が低いと言うことも考えられます。

初めてキャリア決済枠現金化をご利用される方は、事前にご自身が加入しているプランや決済可能金額をチェックするようにしてください。

まとめ

キャリア決済枠現金化は、決済金額が数万円程度であり、クレジットカード現金化に比べると手にできる金額は決して大きくありません。

そのため

「家賃の支払いに5万円だけ必要…」

「月末の給料日までに、なんとか乗り切りたい」

などと、大口のお金が必要という方には、必ずしも有用性が高いとは言えないのが現状です。

ただ、少額の現金化しかできないということはデメリットだけでなくメリットもあります。

大口のお金を手にするよりは、少額のお金の分、管理が楽で返済に窮してしまうこともありません。

初めてご利用する方にとって、リスクヘッジにもなるという特徴があります。

・手数料が高い
・必要金額を得られない
・審査落ちの可能性がある

というデメリットがありますが、メリットとデメリット両方を比較し、ご利用するかどうかを決めるようにしてください。