後払い(ツケ払い)現金化で審査が必要な理由、審査ポイントとは?

審査結果を伝える人

後払い(ツケ払い)現金化で審査が行われる理由、審査で主にチェックされる重要なポイントを解説します。

「後払い(ツケ払い)現金化の審査に落ちてしまう」、とお悩みの方やお申し込み前の方はご参考にしてください。

現金化で審査がある理由とは?

後払い(ツケ払い)現金化は消費者金融やカードローンのような借金ではありません。

しかしながら後払い(ツケ払い)現金化をご利用の際には、業者による審査が行われます。

これは利用者が本当に支払い能力があるのかを、チェックするためのものです。

後払い(ツケ払い)現金化は業者への支払いが後払いであるという特徴があります。

そのため仮に業者の支払い能力を超える金額を現金化してしまうと、回収ができなくなってしまいます。

回収ができないと利用者に現金化させた金額を、現金化業者は全額損してしまうことになります。

したがって、利用者の支払い能力をご利用時には必ず審査する必要があります。

借入ではない後払い(ツケ払い)現金化において、利用者の審査が行われるのはこれが理由です。

信用情報は審査されない

後払い(ツケ払い)現金化では利用者の支払い能力をチェックするために審査が必須です。

しかしながら現金化においては、カードローンのように利用者の信用情報が審査される事はありません。

なぜなら、現金化業者は金融業者ではないため利用者の個人信用情報にアクセスすることができないからです。

現金化業者は利用者の個人情報を知ることができないため、 信用情報に傷がある方でも、問題なく現金化を利用することができます。

例えば総量規制ギリギリの借り入れを行っているという多重債務の方や、過去に金融事故を起こしたことがあるという人でも、問題なく後払い(ツケ払い)現金化が可能です。

フリーターの方や専業主婦の方など信用情報が低い方でも、問題ありません。

信用情報が審査されないと同時に、後払い(ツケ払い)現金化を利用したことが信用情報に記録されることもないと言えます。

したがって 現在借り入れを行っている方や、債務整理中の方でも安心して現金化がご利用いただけます。

後払い(ツケ払い)現金化の審査の方法、ポイントとは?

審査をする

信用情報の審査が行われないという後払い(ツケ払い)現金化では、どのような点が審査されるのか、どのような方法で審査が行われるのかを続いて詳しく解説していきます。

①利用者の収入

まずチェックされるのは、後払い(ツケ払い)現金化を利用する人の収入です。

きちんと定職について毎月安定した収入を得ているのかどうかがチェックされます。

無職の方だと審査落ちしてしまう可能性は非常に高いと言えるでしょう。

一方で非正規雇用者であっても、アルバイトやパートなので毎月安定した収入を得ている方であれば審査に通ると考えられます。

利用者の収入をチェック、審査するためには、給与明細や源泉徴収等の書類の提出が必須です。

②借り入れ金額

現在、利用者の方がカードローンや消費者金融など正規の金融機関から借り入れを行っている金額もチェックされます。

しかしながら上述の通り、現金化業者は業者の信用情報にアクセスすることができません。

したがって利用者の正確な借り入れ金額を把握することは不可能です。

だからといって、借り入れ金額の虚偽申告することはおすすめできません。

現金化は正規の金融機関から借り入れができなくなってしまった方が主に利用する金策です。

そのため借り入れ金額が0、もしくは数万円程度という事はまず考えられません。

もしも借り入れ金額を低く虚偽申告した場合、

「この借り入れ金額で現金化を利用するのは不自然である」

と判断され、審査落ちになってしまうこともあります。

そのためなるべく、借り入れ金額は正確な数字を申告するようにしましょう。

③ヤミ金の利用歴

最も重要視されるのが、給料ファクタリング等ヤミ金の利用歴です。

上述の通り、現金化をご利用する方は正規の金融機関からの借り入れができないため、ヤミ金業者などに手を出していることが往々にして考えられます。

当然ながらヤミ金を利用している方は、支払いに窮してしまう 可能性が高いと言えるでしょう。

そのためヤミ金業者や、給料ファクタリングの利用歴が多いと審査落ちになってしまうことがあります。

ヤミ金や給料ファクタリングの利用歴は、銀行通帳の入出金履歴からチェックされます。

そのため後払い(ツケ払い)現金化にお申し込みの際には銀行通帳の入出金履歴を、2〜3ヶ月分、提出するように求められます。

審査に落ちる人の特徴

上記の現金化の審査ポイントを踏まえて、審査に落ちる人の特徴を簡単にまとめます。

・収入が低い
・ 安定した収入を得ていない
・借り入れ金額が多い
・ヤミ金や給料ファクタリングを利用している
・過去に系列会社(給料ファクタリング)の支払いに遅れたことがある
・過去に弁護士や司法書士を利用したことがある

上記に当てはまる方は、現金化の審査落ちになってしまう可能性が高いためくれぐれもご注意ください。

在籍確認について

利用者の収入は給与明細によって審査されます。

ただ業者によっては給与明細だけでなく、本当に勤務しているのかどうかを審査するため、お勤め先に在籍確認を行うことも考えられます。

在籍確認の方法は主に、業者が保険会社等を名乗ってお勤め先に電話連絡をするという方法です。

しかしながら在庫確認の際には注意しなければいけない点もあります。

後払い(ツケ払い)現金化の全身サービスである給料ファクタリングにおいては、在籍確認のせいでお勤め先にヤミ金業者の利用がばれてしまったという方が多数いらっしゃいました。

また電話対応が悪い悪徳業者を利用してしまうと、勤務先に荒々しい口調での電話がかかってきてしまい、職場の方に不審に思われてしまうというリスクもあります。

上記のような注意点があるため、在籍確認を必須としている業者にはこれからもご注意ください。

柔軟な対応を行ってくれる業者の場合、在籍確認を電話連絡だけでなく

・名刺や社員証の提出
・お勤め先の仕事風景の写真を提出
・お勤め先から業者に電話をする

どういった方法でも在籍確認の代わりとしてくれます。

業者から勤務先に電話をかけても少ない、という方は柔軟対応をしてくれる現金化業者を選ぶことをお勧めします。

緊急連絡先への連絡に注意

審査が厳しい業者によっては、緊急連絡先への電話連絡を必要とする場合もあります。

緊急連絡先の情報の提出を求める理由は、利用者が支払いに遅れたり飛ばしたりすることを防ぐためです。

仮に支払いに遅れてしまうと、緊急連絡先の方に電話連絡が行ってしまう可能性があります。

給料ファクタリングにおいては、緊急連絡先の方にファクタリングの利用をバラされてしまうといった嫌がらせも報告されていました。

くれぐれも緊急連絡先の情報の提出を求める業者にはご注意ください。

また緊急連絡先の提出を必須とする業者をご利用の際には、くれぐれも支払いに遅れないように気をつけましょう。

まとめ

ケース

本記事では後払い(ツケ払い)現金化で審査が必要な理由と審査で主にチェックされるポイントについて詳しく解説をしていきました。

後払い(ツケ払い)現金化は借金ではないため、信用情報が出される事はありませんが、利用者の支払い能力をチェックするために収入や借り入れ金額などは簡単にヒアリングされます。

収入が低い方や、借入金額が多い方、ヤミ金の利用が多い方は審査落ちになってしまう可能性が高いためご注意ください。

また審査時に在籍確認や緊急連絡先への電話連絡を必須とする業者にも注意が必要です。

ただよほど属性が悪くない限りは、金融ブラックの方でも後払い(ツケ払い)現金化を雇用することが可能です。

正規の金融機関から借り入れができないとお悩みの方は、現金化業者に申し込みをしてみましょう!