後払い(ツケ払い)現金化を利用する際には手数料と金利の関係に要注意!

ピンクの豚の貯金箱とパソコン

後払い(ツケ払い)現金化は、給料ファクタリングに代る新たな金策として注目を集めています。

しかしながらご利用の際には、カードローン等と比べると手数料は非常に高いと言うことに注意しなければいけません。

本記事では後払い(ツケ払い)現金化の手数料時にの関係性や注意点について詳しく解説していきます。

後払い(ツケ払い)現金化の手数料から見た金利

後払い現金化は給料ファクタリングに代わる新たな金融サービスとして、注目を集めています。

クレジットカード現金化や給料ファクタリングのように、借金ではないため、

・信用情報の審査がない
・利息がつかない
・信用情報に記憶されない

といったメリットがあることから、今後人気のサービスになると考えられています。

しかしながら後払い現金化のご利用の際には、手数料がかかると言う点に注意しましょう。

手数料の分、利用者は必ず損をしてしまうことになります。

詳しくは後述しますが、この手数料はカードローンなどに比べると非常に高額です。

くれぐれもご注意ください。

後払い(ツケ払い)現金化での金利は非常に高額!

後払い現金化の手数料の相場は、30%から40%であると言われています。

この分の手数料を年利に換算してみると、12ヶ月分をかければ良いため、360%から480%という金利手数料になります。

現在の利息制限法による上限金利が年利換算で12%であることと鑑みると、後払い現金化の手数料は非常に高いと言うことがわかります。

後払い現金化の全身サービスである給料ファクタリングが、1000%を超える高額なかつ違法な金利手数料等で着付けを行っているとして社会問題になったことを鑑みると、後払い現金化も違法性が高いと言えるでしょう。

手数料が高いと言う事はその分、支払いに窮してしまう可能性が高いと言うことです。

後払い現金化の支払いは文字通り後払いとなるため、支払いが楽に思いますが、手数料が非常に高いため実際には支払いができないと言うことも考えられます。

支払いに窮してしまうと、現金化業者からご家族や職場に厳しい督促が行われますのでご注意ください。

後払い(ツケ払い)現金化のメリットについても考えよう

メリットとお金を比較

上記の説明で、後払い現金化の手数料がいかに高いかがお分かりいただけたかと思います。

しかしながら後払い(ツケ払い)現金化は借金ではなく、手数料=金利と考えるのは、いささか強引も言えるでしょう。

例えば日常生活には振込手数料や配送手数料、事務手数料、仲介手数料など様々な手数料が存在しますが、これらの手数料を毎回、金利だと捉える人はいません。

後払い現金化にはお金を手にする、と言う事以外にもメリットが多数存在します。

後払い現金化のメリットを含めて考えるのであれば、手数料はむしろ安いともいるかもしれません。

ついて後払い現金化のメリットについて詳しく解説していきましょう。

メリット①金融ブラックでも利用できる

後払い現金化は借金 ではないため、信用情報を審査される事はありません。

後払いの支払い日は60日以内に 設定されています。そのため割賦販売にも適用されないため、業者は審査を行う必要は無いのです。

信用情報審査されることがないため、業者は利用者の個人信用情報を把握することができません。

そのため多重債務に陥ってしまっている方や、過去に債務整理等を行い金融ブラックに登録されている方でも問題なく後払い現金化を利用することができます。

また信用情報の審査がないだけでなく、ご利用状況を信用情報に記憶することもありません。

したがって今現在、住宅ローンの審査を控えている方や、他のカードローンのご利用をお考えの方でも問題なく外金融サービスを利用することができるでしょう。

メリット②来店不要

後払い現金化業者はインターネット上で申し込みから商品販売を行っています。

必要書類の提出もメールやLINEなので停止とするため、業者と顔合わせて行う必要はありません。

日本全国どこからでも、来店不要でご利用ができるため、地方にお住まいの方やお住まいの近くに消費者金融などがないと言う方でも利便性は高いと言えるでしょう。

店舗に来店する急がないため、よりスピーディーにお金を手にすることも可能です。

メリット③誰にもバレない

後払い現金化を利用しても、信用情報に記録されないため、ご利用状況を誰かに知られてしまう事はありません。

また業者によっては職場に在籍確認を行わないと言う場合もあります。

そのため職場の方々に後払い現金化を利用してることがばれてしまうと言う心配もあるようです。

加えてご家庭に購入した商品が届いたり、利用明細書等が送られてくる事はありません。

したがって、後払い現金化は、ご家族にも職場の方々にも誰にも知られことなくお金を手にすることができるといえます。

④クレジットカードが利用停止にならない

後払い現金化は商品を売買して現金化行うと言うことで、クレジットカード現金化と同じサービスであると勘違いしてる方がいらっしゃるかもしれません。

基本的な仕組みはクレジットカード現金化と同じですが、後払い現金化ではクレジットカードを使用する事はありません。

クレジットカード現金化は年々規制の目が厳しくなっており、ご利用するとすぐにカード会社 にばれてしまう危険性が高くなっています。

もしもクレジットカード現金化がばれてしまうと、強制退会になったりクレジットカードの利用残高を一括返済しなければならないなどのペナルティー処分が課せられてしまいます。

そのため安全と言う観点からは、クレジットカード現金化を考慮することは決してお勧めできません。

一方で後払い現金化は、クレジットカードを利用する事なくお金を手にすることができます。

そのためクレジットカード会社からペナルティー処分を受ける心配がなく、クレジットカードが使えなくなったり金融ブラックになってしまう危険性がないと言うのはメリットです。

より安全にお金を手にしたいと言う方にとって、後払い現金化は非常にオススメなサービスです。

⑤携帯電話が利用停止にならない

クレジットカード現金化と並んで人気が高い検索として、携帯電話キャリア決済枠の現金化と言うサービスが挙げられます。

基本的な仕組みは、クレジットカード現金化と同じです。

携帯電話キャリア枠で換金率が高い商品を購入し、転売をすればお金を手にすることができます。

しかしこのサービスも、クレジットカード現金化と同様に違法性が高い金策です。

当然のことながら、携帯会社 キャリア決済現金化を認めておらず、もしも発覚してしまうと携帯電話の利用停止処分等の厳しいペナルティーが科せられてしまいます。

その点、後払い現金化サービスでは携帯電話を使用することがありません。

そのため現金化行っても、携帯電話が利用停止になるリスクがないため、安心してお金を手にすることができます。

特に現代では、携帯電話は必需品アイテムです。

携帯電話を失いたくない、と言う方は携帯契約決済現金化ではなく後払い現金化のご利用をお勧めします。

⑥利息がかからない

後払い現金化は借り入れでは無いため、支払い時に利子や利息などを支払いする必要はありません。

特に最近ではクレジットカードのリボ払いなどが大きな社会問題となっています。

高額な利息の支払いに頭を悩ますしている方も多いため、ローンサービスをご利用の際には注意が必要です。

その点、 後払い現金化は支払い時に利息等の金利を請求されることがありません。

利息のみの支払いで換金が永遠に知らないと言うこともないため、借金に抵抗があると言う人でも安心してご利用することができるでしょう。

まとめ

お金のシンボル

後払い現金化のご利用の際には、 手数料がかかると言う事、手数料が非常に高いと言う点にご注意ください。

後払い現金化は借り入れではありませんが、カードローン等と比較すると金利手数料は何十倍も高くなります。

支払いが後払いであるとは言え、高額な手数料のせいで支払いに困ってしまうことが十分に考えられるでしょう。 仮に支払いに遅れてしまうと、業者から厳しい督促が行ってしまう可能性があるため、注意が必要です。

ただ、後払い現金化をご利用の際には手数料だけに注目するのではなく、後払い現金化のメリットについても考えるようにしましょう。

例えば後払い現金化には、借り入れではないため利息がかからないなどのメリットは多数あります。

それらのメリットと組み合わせて考えるのであれば、後払い現金化の手数料はいくらか安いとも言えるでしょう。

後払い現金化だけでなく、どんなサービスにも言えることですが、ご利用時にはメリットとデメリット、光の面と闇の部分を両者とも比較し、ご利用するかどうかを検討するようにしてください。