外国人の方でも後払い(ツケ払い)現金化は利用できる?

悩みを抱える外国人

外国人でも後払い(ツケ払い)現金化は可能なのか、外国人の利用者を受け入れている現金化業者などを解説&紹介して参ります。

外国人が後払い(ツケ払い)現金化を利用する際には、注意点や気をつなければいけないことがありますので、現金化をお考えの際には是非ともご参考にしてください。

外国人でも後払い(ツケ払い)現金化はできる!

女性と歯車

結論から言えば、外国人の方でも、後払い(ツケ払い)現金化は問題なく利用することができます。

外国国籍の方ですと、キャッシングやカードローンの利用をすることは難しく、審査落ちになってしまうことがほとんどです。

そのため外国人の方が、日本国内でお金を手にするのは、非常に難しいと言う側面があります。

しかしながら後払い(ツケ払い)現金化であれば、外国人の方でも問題なくお金を手にすることが可能です。

キャッシングやカードローンの利用審査に落ちてしまったという方にとって、後払い(ツケ払い)現金化は有効活用できる金融サービスであると言えるでしょう。

外国人でも後払い(ツケ払い)現金化ができる理由

キャッシングやカードローンの審査の場合、外国籍の方ですと信用が低いとみなされ審査落ちになってしまう可能性が大いにあります。

一方で後払い(ツケ払い)現金化は借金ではありません。

ファクタリングは借金では無いため、カードローンのように信用情報の審査が行われる事はなく、外国籍の方でも問題なくお金を手にすることができます。

きちんと仕事をしており、毎月安定した収入があることであれば、問題なくタリングを利用することが可能でしょう。

事実、後払い(ツケ払い)現金化の前身サービスである給料ファクタリングでは、多くの外国人の方が利用していたと言う実情があります。

給料ファクタリング下火になりつつある今、後払い(ツケ払い)現金化は外国人の方にとって非常に有用な施策であると言えるでしょう。

外国人の方が現金化を利用するメリット

女性と空っぽの財布

続いて外国人の方が後払い(ツケ払い)現金化を利用するメリットについて詳しく解説をしていきましょう。

外国人の方が、後払い(ツケ払い)現金化を利用するメリットは、以下の通りです。

・在留資格・永住許可を失うリスクがない
・審査がない

順に詳しく解説していきます。

①審査がない

後払い(ツケ払い)現金化は借金ではないため、審査がありません。

消費者金融の場合、外国人の方ですと信用情報が低いとみなされ、審査落ちになってしまうことが多々あります。

理由としては、貸金業者側が外国人の信用力を低いと見なしており、返済できるかどうか不安視していることが挙げられます。

ですが、後払い(ツケ払い)現金化サービスは利用にあたって審査がないため、外国人の方でも問題なく利用することができます。

②在留資格や永住許可を失うリスクがない

外国人の方が借金をすると言うのは、大きなリスクがある行為です。

例えば「留学」や「観光」などの在留資格を得て、日本に滞在している方の場合、借金をすると言う事は心象を悪化させる大きな要因です。

許認可に基づく本来の活動を行なっていないと見なされ、在留資格が取り消されてしまう可能性があります。

在留資格が取り消されてしまうと、在留資格を取り消され強制送還などの処罰が課せられる可能性があります。

また外国人の方が日本での永住許可を得るには、「独立の生計を営むに足りる資産、もしくは技能を有する」という条件があります。

そのため借金を重ねると、日本で生計を営むための資産がないとみなされてしまう恐れもあります。

しかしながら、後払い(ツケ払い)現金化は借金ではなありません。

したがって、利用しても信用情報に残ることがないという特徴があります。

その信用情報に残ることがないため、現金化を利用しても、誰にもバレることはありません。

そのため外国人の方でも、在留資格や永住許可を失うという心配なく、お金を手にすることが可能です。

外国人が後払い(ツケ払い)現金化を利用する際の注意点

女性と歯車

外国人の方が後払い(ツケ払い)現金化を利用するメリットはたくさんある一方で、御陵前には知っておくべき注意点やデメリットが存在します。

具体的には、以下の3点です。

・最低限の日本語能力が必要
・外国人の利用を断る業者もいる
・身分証明書を複数用意しなければいけない

以下で詳しく解説して参ります。

①身分証明書を複数用意しなければいけない

後払い(ツケ払い)現金化ではクレジットカードローンのように厳しい審査はありません。

信用情報を見れることもないため、借金に比べると審査は簡易的であると言えるでしょう。

しかしながら後払い(ツケ払い)現金化をご利用の際には、利用者が本当に後払いの能力があるのかどうかを簡単にチェックされます。

後払い能力を確認する際に、身分証明書の提出が必須です。

その際には外国人の方ですと、日本人利用者に比べて厳しく本人確認が行われることが考えられます。

パスポートだけでなく在留証明書等の提出を求める業者も存在しますので注意してください。

後払い(ツケ払い)現金化業者の中には、身分証明書を複数枚用意することを求める業者もいると考えられます。

②最低限の日本語力が必要

後払い(ツケ払い)現金化をご利用の際には、 電話もしくはメールなどで業者とやりとりをする必要があります。

具体的には、申込者が嘘の情報を話していないかどうかを確かめるために、借り入れ状況や勤務先について簡単にヒアリングが行われています。

そのため外国人の利用者の方でも、最低限の日本語会話能力が求められます。

会話ができない、日本語が通じないと判断されると審査落ちになってしまう可能性があるためご注意ください。

③外国人の利用を断る業者もいる

外国人の方の場合、もしも支払い不能になってしまった場合のトラブルが煩雑になることが予想されます。

そのため外国人の利用をハナから断る業者も存在します。

そのため業者をご利用の際には、くれぐれも外国人の申し込み受付をしているかどうかを事前にチェックするようにしましょう。

不安な方は自分で現金化をしよう

後払い(ツケ払い)現金化は専門の現金化業者を利用するだけでなく、既存の決済サービスを利用すれば自分自身でも行うことができます。

具体的な方法は、クレジットカード現金化と同様です。

ZOZOTOWNツケ払いなどの、後払い決済サービスで換金性の高い商品を購入し、メルカリなどで転売を行います。

そうすれば、商品の売却金額を手にすることができます。

商品の支払いは後払いですので、手元にお金がない場合でも現金を手にすることができると言う仕組みです。

現金化業者に申し込みを断られてしまったと言う方は、自分自身で現金化を行ってみましょう。

まとめ

外国人の方の場合、カードローンや消費者金融が利用できないことが多々あり、お金に困ったときに日本の貸金サービスを利用できないと言う側面があります。

そんな時に知っておきたい有用なサービスが、後払い(ツケ払い)現金化です。

後払い(ツケ払い)現金化であれば借金がないため信用情報を含む審査がありません。

また借り入れ記録に残らないため、在留資格や永住許可を失ってしまうリスクもありません。

借り入れができず、お金に困ってしまった場合は、後払い(ツケ払い)現金化サービスを利用してみましょう。

しかしながら、中には外国人の方からの利用を拒否する業者も存在しますので、ご利用前にはくれぐれも、利用可能な業者かどうかをチェックするようにしてください。