バイセルの給料ファクタリングを徹底調査!口コミ評判と手数料を解説

バイセルのホームページ

給料ファクタリングのサービスを提供する、バイセルの運営会社情報や債権買取手数料・ご利用者の口コミ情報・評判などを元にお申込みまでの流れを詳しく解説いたします。

「バイセルについて詳しく知りたい」

「在籍確認で職場バレするのが不安…」

という方は、本記事をご参考にしてください。

バイセルの運営会社に関する情報

運営会社合同会社英知
代表者寺原 恒雄
所在地〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町5号1番
設立年月日2018年(平成30年)10月26日
営業時間10時〜18時(土日祝日対応)
資本金170万円

バイセルの運営会社に関する情報は以上の通りです。

日本有数のビジネス街である日本橋にオフィスを構えており、代表者名から資本金まで公開しているのは信頼性が高いと言えます。

営業時間は定休日なしで、土日祝日にも対応しています。

その為、急なお金の入り用になっても、いつでも給料ファクタリングがご利用いただけるでしょう。

バイセルの給料ファクタリング・サービス内容を紹介

バイセルの実績
手数料30%~40%(+3300円)
ファクタリング取引の種類2社間取引
振込みスピード最短即日
初回ご利用金額3万5000円・5万円・8万5千円
ご利用条件会社員・パート・アルバイト
(個人事業主は利用不可)
必要な書類・給与明細(直近3ヶ月分)
・給与が振込まれる通帳の写し( 直近3ヶ月分 )
・保険証
対応エリア全国対応

こちらの表を元に、バイセルの給料ファクタリングのサービス内容を詳しくご紹介します。

バイセルの買取手数料

バイセルの買取手数料は、30%〜40%となります。

ENZOや七福神といった優良業者が20%台の手数料である一方で、バイセルの手数料はやや高いと言えます。

またバイセルを利用した方の体験談によれば、買取手数料以外にも事務手数料として3,300円がかかります。

1~2万円といったご利用ですと、手元残りは数千円にしかなりません。

この点は、バイセルご利用時にくれぐれも注意が必要です。

バイセルの買取金額

バイセルの給与債権の買取金額は、予め決められています。

審査次第結果次第となりますが、3万5000円・5万円・8万5千円の内から決定されます。

買取金額は下限が3万5000円ということですので、1~2万円といった少額の査定結果にはならないというのは嬉しいポイントです。

最大買取金額は10万円とのことですが、余程属性が良くなければ10万円を超える金額が出るのは難しいでしょう。

バイセルの在籍確認

バイセルをご利用時には、在籍確認が必須となります。

ただ在籍確認はバイセルが一方的に行うのではなく、利用者自身が方法を選ぶことができます。

①利用者が個人名を指定し、バイセルから勤務先に電話をかける

②利用者自身がお勤め先の会社から、バイセルに電話をかける

以上の2つの方法で在籍確認と認めてくれます。

特にオススメの方法は、②です。

利用者自身がバイセルに電話をかけるのであれば、職場の方に給料ファクタリングの利用がバレる心配はほぼ無いでしょう。

安心して給料ファクタリングをご利用いただけます。

バイセルの給料ファクタリングを利用するメリット・オススメポイント

バイセルのメリット

続いてバイセルの給料ファクタリングを利用するメリットやオススメポイントをご紹介します。

①アルバイト・パートの方でも利用できる!

バイセルはアルバイトやパートの方からのお申し込みにも対応しています!

保険証が社保ではなく、国保という方でもバイセルをご利用することは可能です。

②職場にバレる心配がない

バイセルは上述の通り、在籍確認の方法を利用者自身で指定することができます。

その為職場の方に不審に思われたり、給料ファクタリングを利用していることがバレてしまう心配は全く無いと言えるでしょう。

安心して給料ファクタリングを利用したいという方は、バイセルのご利用をオススメします。

③電話対応がいい

バイセルはオペレーターの電話対応教育に力を入れています。

電話対応は一般企業と変わらないレベルとなっており、安心して担当者の方とお話をすることができるでしょう。

「給料ファクタリング会社はどこも、電話対応が悪い…」

とお考えの方には、バイセルのご利用がオススメです。

バイセルをご利用する際の注意点・デメリット

一方でバイセルをご利用の際には、注意すべき点も存在します。

続いて解説していきましょう。

①手数料が高め

バイセルの給料ファクタリング手数料は30%〜40%です。

加えて事務手数料として、3,300円がかかります。

給料ファクタリング業界の相場と比較すると、手数料はかなり高いのでご注意ください。

事務手数料は買取手数料と別でかかるという点は、ネット上でも批判されています。

②緊急連絡先の記入は必須

バイセルをご利用の際には、買取契約書に緊急連絡先の記入が必須となります。

審査段階で緊急連絡先に行くことは無いとのことですが、支払いを飛ばしたりすると緊急連絡先に電話がかかってしまう為、注意が必要です。

くれぐれもご利用時には、支払いに遅れないようにしましょう。

バイセルの必要書類&ご利用方法を解説!

続いてバイセルをご利用の際に必要な書類と、ご利用方法を簡単に解説します。

まず、バイセルをご利用の際に必要な書類は以下の通りです。

バイセルの必要書類

⑴顔写真付きの身分証明書(両面の写真)
⑵保険証(両面の写真)
⑶直近の給料明細(3ヶ月分)
⑷直近の口座履歴(3ヶ月分)
⑸セルフィー(身分証明書とご自身が写った自撮り写真)
⑹社員証・名刺など(あれば審査に有利とのこと)

身分証明書に加えて、保険証も必要となりますので注意してください。

また身分証明書と自分の顔が映った自撮り写真(セルフィー)も必要ですので、予め用意しておきましょう。

バイセルのお申し込みから契約までの流れは以下の通りです。

バイセルの利用流れ
バイセルの利用手順

⑴ホームページから申し込み
⑵LINE上でヒアリング&書類提出
⑶審査&在籍確認
⑷買取契約&入金
⑸給料日当日に、バイセルにお支払い

ご覧のように、電話連絡が一切行われないのがバイセルの特徴です。

「ファクタリング会社と直接、電話をするのは不安…」

「しつこく個人情報を聞かれたくない…」

とお考えの方でも、安心して給料ファクタリングがご利用頂けます。

バイセルの口コミ情報を調査!

次に5chの「給料ファクタリング情報スレ」から、バイセルを実際に利用した人の口コミ情報をご紹介します。

バイセルは手数料高いから、利用はオススメしないけど在籍確認の方法は柔軟。

会社にバレたく無いなら有用性は高いです。

バイセル電話連絡一切なしで給料ファクタリングが利用できる

バイセル、5万円買取で支払いは8万5000円だった。

正直、やや高いか…仕方ないけど。

派遣社員だけど、バイセル利用できた。

懸念してた在籍確認は事情を話したら、無しにしてもらえた!

バイセルはLINE完結だから、便利だと思う。

ヒアリング内容を記入するのが面倒だけど。

土日でも入金してくれたのはバイセル。

その代わりに、手数料は高いけどね…

バイセルのまとめ

バイセルと他社の比較

最後にバイセルの給料ファクタリングに関する情報を簡単にまとめてみましょう。

バイセルの情報まとめ

○手数料は30%〜40% (+3,300円)
○在籍確認の方法が、安全性が高い
○LINE完結だから、電話連絡が無い!
○電話対応はかなり良い

バイセルをご利用時には、やはり手数料がネックです。

ただ事務手数料に関しては、無料にしてくれるキャンペーンを実施している為、負担は少なくなるでしょう。

またLINE上でヒアリング&書類提出が終了するのは、利便性が高いと言えます。

電話対応はかなり力を入れて教育を行なっているとのことですので、安心です。

利用ニーズは高いため、

「安全に給料ファクタリングを利用したい」

「在籍確認で、職場にバレるのが不安…」

という要望がある方は、バイセルがオススメです!