スピードペイ(speed pay)の給料ファクタリングを徹底調査!口コミ評判と手数料を解説

スピードペイ(speed pay)のホームページ

プリペイメントと同一会社のスピードペイについて運営会社情報や債権買取手数料・ご利用者の口コミ情報・評判などを元にお申込みまでの流れを詳しく解説いたします。

「スピードペイについて詳しく知りたい」

「在籍確認がないファクタリング会社を探している」

「土日に給料ファクタリングを利用したい」

というニーズがある方は、本記事をご参考にしてください。

スピードペイ(speed pay)の運営会社に関する情報

運営会社株式会社 S&M
代表者上田 営志
所在地東京都中野区弥生町2-21-6
設立年月日平成27年10月5日
営業時間平日・土日祝日10時〜22時

スピードペイの運営会社に関する情報は以上の通りです。

運営会社である株式会社 S&Mは、プリペイメントというファクタリング会社も運営している企業です。

プリペイメントは比較的、黎明期から運営を行っていたファクタリング会社で、高い買取実績を誇ります。

利用者も多く、実績と信頼性を兼ね備えたファクタリング会社と言えるでしょう。

スピードペイもプリペイメント同様に定休日はなく、いつでも給料ファクタリングを利用することができます。

スピードペイ(speed pay)の給料ファクタリング・サービス内容を紹介

手数料30%~40%(+3300円)
ファクタリング取引の種類2社間取引
振込みスピード最短即日
初回ご利用金額給与額の20%〜40%
ご利用条件会社員・パート・アルバイト・事業主
必要な書類・給与明細(直近3ヶ月分)
・給与が振込まれる通帳の写し( 直近3ヶ月分 )
・保険証
対応エリア全国対応

基本的には、スピードペイもプリペイメントも同じ買取条件となります。

より詳しく知りたい方は、プリペイメントを解説した記事をご確認下さい。

スピードペイの買取手数料

プリペイメント同様に、スピードペイの買取手数料は、30%〜40%です。

買取手数料に加えて、事務手数料が3,300円がかかるという点も同じです。

手数料の高さは、ネット上でも批判されているのでご利用の際にはご注意下さい。

スピードペイの買取金額

プリペイメントの買取金額を調査すると、3万円〜5万円という方が多数を占めています。

そのためスピードペイの買取金額に関しても、同様に3万円〜5万円になると考えられます。

ボーナスの買取にも対応しているとのことですが、利用できたという口コミは少ないため、実態は不明です。

スピードペイの在籍確認

プリペイメントは在籍確認がないということで人気のファクタリング会社です。

スピードペイもプリペイメント同様に、在籍確認がありません!

職場に電話をかけて欲しくないという方に、スピードペイはとてもオススメのファクタリング会社であると言えます。

スピードペイ(speed pay)の給料ファクタリングを利用するメリット・オススメポイント

スピードペイ(speed pay)のメリット

続いてスピードペイの給料ファクタリングを利用するメリットやオススメポイントをご紹介します。

①在籍確認がない!

先ほどもお話しした通り、プリペイメントもスピードペイも在籍確認がありません!

在籍確認がないというファクタリング会社は数が少なく、とても利便性が高い業者です。

「勝手に職場に電話をかけられるのはとても困る!」

「口調が荒いファクタリング会社から、職場に電話をかけて欲しくない…」

とお考えの方に、スピードペイはオススメのファクタリング会社とネット上では評判です。

②バレない・安全

スピードペイは在籍確認がないため、職場にバレることなく安全に給料ファクタリングを利用することができます。

③再契約は書類提出が不要!

再契約のたびに在籍確認が行われ、書類提出を要求するファクタリング会社に辟易している方は多いでしょう。

スピードペイはそのような実情を与してか、再契約の際に書類提出を不要としています。

また在籍確認はそもそも無いため、スピーディーに再契約をすることができるでしょう。

④土日祝日にもお金を手にすることができる

プリペイメントもスピードペイも、年中無休で給料ファクタリングを行っています。

平日だけでなく、土日祝日も給料ファクタリングを利用することができるので利便性はとても高いと言えます。

スピードペイをご利用する際の注意点・デメリット

プリペイメントは非常に手数料が高く、ネット上でも敬遠されている部分があります。

30%〜40%という手数料に加えて事務手数料3,300円が発生します。

2~3万円という買取価格ですと、事務手数料を合わせると50%程度の手数料になってしまうことも考えられます。

非常に手数料は高いため、ご利用の際にはよくよく注意が必要です。

スピードペイ(speed pay)の必要書類&ご利用方法を解説!

続いてスピードペイをご利用の際に必要な書類と、ご利用方法を簡単に解説します。

スピードペイとプリペイメントは必要書類もご利用の流れも変わりませんので、プリペイメントをご利用したことがある方は同じ流れとなります。

スピードペイをご利用の際に必要な書類は以下の通りです。

スピードペイの必要書類

⑴顔写真付きの身分証明書(両面の写真)
⑵保険証(両面の写真)
⑶直近の給料明細(3ヶ月分)
⑷直近の口座履歴(3ヶ月分)
⑸セルフィー(身分証明書とご自身が写った自撮り写真)
⑹社員証・名刺など(あれば審査に有利とのこと)

スピードペイ(speed pay)の必要書類

身分証明書に加えて、保険証も必要という点には要注意です。

また身分証明書と自分の顔が映った自撮り写真(セルフィー)も必要となりますので、この点もご留意ください。

スピードペイのお申し込みから契約までの流れは以下の通りです。

スピードペイの利用手順

⑴ホームページから申し込み
⑵LINE上でヒアリング&書類提出
⑶審査
⑷買取契約&入金
⑸給料日当日に、スピードペイにお支払い

上述の通り、スピードペイは在籍確認がありません。

そのため安心してお申し込みをしてください。

スピードペイ(speed pay)の口コミ情報を調査!

スピードペイは新規業者ですので、まだ口コミ評判などはありません。

そこで今回は5chの「給料ファクタリング情報スレ」から、プリペイメントの口コミ体験談をご紹介します。

プリペイメントは手数料が高い!

本当に困ったときしか利用はオススメしないよ

在籍確認をして欲しくないのであれば、プリペイメントがオススメ。

プリペイメントは土日でも営業しているみたい。

連絡もつくし、入金もしてくれるよ。

プリペイメント、22時前でも入金してくれたよ。

プリペイメントは対応いいけど、手数料はやっぱ高いわ…

提示された金額に不安があったから、利用は断った。

プリペイメントは在籍確認がないってのは本当らしいね。

プリペイメントは担当の女性が愛想良かった。

在籍確認も無かったし、利用ニーズは高そう。

スピードペイ(speed pay)のまとめ

スピードペイ(speed pay)のキャンペーン情報

最後にスピードペイの給料ファクタリングに関する情報を簡単にまとめてみましょう。

スピードペイの情報まとめ

○プリペイメントの系列店
○手数料は30%〜40% (+3,300円)
○在籍確認がない
○土日祝日対応

スピードペイもプリペイメントも手数料が非常に高いので、ご利用の際には注意しなければいけません。

とは言え、在籍確認が無い、土日祝日対応などご利用するメリットは高いと言えます。

「土日に給料ファクタリングが利用したい」

「在籍確認をして欲しくない」

という方は、うってつけのファクタリング会社であると言えます。

他社に審査落ちとなった、などの課題がある方にはスピードペイはオススメです。